鉛筆ならではの技法なのですが、練りゴム等で“抜く”テクニックを紹介します
モチーフは「雲」と「海」と「レース」です
雲は15分、海でも30分あれば簡単に描けますのでチャレンジしてみてください

「雲」
 まず雲の輪郭を大まかに描き、だいたいの空の
 あたりをつけておきます。
 この時点では あまり細かいことを考えず
 雲の位置やバランスに気をつけます。
 それと実際の大きさよりも、やや小さめに
 輪郭を描きます。
 大体の影を描きますが、雲といっても自分に
 近い場所ほど濃い影ができますので
 立体のデッサンのつもりで描きます。
 空の青さをどれぐらいにもっていくか
 この場合はどれぐらい黒くするか、徐々に
 濃くしていきます。
 ある程度空と影が描きこめたら、雲の輪郭を
 練りゴムで抜いていきます。
 私の場合、練りゴムをねじり込むように、そして軽く
 画面に当てています。
 雲の下部も同じようにしますが、あまり白くなっても
 いけませんので、上から鉛筆をかぶせます。
 空の濃さと影のバランスに注意しながら
 描きこんでいけば完成です。
「海」
 ここではまず、水平線と波しぶきと手前の波を
 輪郭線だけで描きます。
 水平線としぶきの一番上の間隔次第で
 こちらの視線の高さが決定されますので
 気に入った高さでいいと思います。
 空の青さと同様に、海の青さも濃淡で表現しますので
 徐々に鉛筆を重ねていけばいいと思います。
 波しぶきの輪郭線より、少し内側までタッチを入れ
 雲と同様にしぶきの影にも気をつけながら
 作業を進めていきます。
 ある程度タッチを重ねて、画面が落ち着いてきたら
 しぶきの輪郭を練りゴムで抜きます。
 しぶきの場合、練りゴムの先を尖らせて
 鋭角に抜いていきます。汚れたらきれいな面を
 尖らせて繰り返し根気よく、続けます。
 しぶきの重なりも、同じ作業の繰り返しで
 表現できます。
 あとは、沖の波も練りゴムで抜いて感じを出します。
 しぶきの影を付けてメリハリが出れば完成です。
〜組み合わせて夏の海と雲を制作〜
 上の雲と海を組み合わせて、夏の風景を描いてみました。
 夏の雲のポイントは陰の部分をかなり濃いめに描くことと
 空を濃く描くことです。
 あとは楽しく描くことですね。
使用した鉛筆はHB,Bの2種類です。