これで2度目の北籔さんとのジョイント展になるのですが
今回は作品のタイトルさえ載せず無造作に並べてみました。
作風の違いが一目でわかるので、どちらの作品かもわかると思います。
是非、作者の意図を感覚で感じてみてください。
いかがでしたでしょうか・・・


重厚で芸術性の高い北籔さんの作品は
とても鉛筆で描かれたとは思えません。
作風の異なる2人の作品が
反発し、共鳴し合って独自の空間を生み出すことができるのは
素晴らしい事だと思います。

北籔さんの作品は、無作為に選ばせていただきました。
尚、画像の無断使用、流用はお断りいたします。


(前回のジョイント展はコチラ
             
  



(Back)